AviUtlメインからPremiereとAffter Effectsに移行

まとめ記事

AviUtlから、新バージョンのAdobe AfterEffectsとPremiereに編集・エンコード環境を移行してみました。速い速い!

スポンサーリンク

AviUtlからAdobe CSに移行

これまでほとんどの作業をAviUtl上で行ってきましたが、新バージョンのAdobe AfterEffectsとPremiereをプライベートで使えるようになりましたので、ついにAviUtlの出番はなくなってしまいました。

実はカット編集や効果・字幕編集はPremiereやAffterEffectsを使うものの、最後のエンコード作業はAviUtlを使わざるを得ないだろうと思っていました。

出力ファイルが通常用途ではなく『YouTubeのHD動画』という、未だ不明瞭な条件を満たしたものでなければならないからです。

苦労してAviUtl、というかx264guiExの設定を試行錯誤した結果、YouTubeでHDになってくれる動画ファイルを作成できるようになった経緯がありますので、同プラグインのように細かな設定ができないPremiereのMainConcept製H.264エンコーダでは無理だろうと思っていたのです。

ところが試しに設定をそれらしくいじってYouTubeにアップロードしてみたところ、すんなりHDになってくれちゃいました。しかもTMPGEnc某で画質に期待を持てなくなったMainConcept製エンコーダですが、全然問題なく高画質に仕上がりました。

エンコード速度も速い速い!

さすが高価なだけあるということでしょうか…今までの苦労はいったい何なの(;´д`)

そんなわけで嬉しくなってしまい、勢いでオープニングクレジットや、動画のタイトルをAfter Effectsでつくってみました。しかも前者は怪しいモンハンフォントw

これらは次の動画から取り入れていますので、乞うご期待!です(´∀`)


PAGE TOP