Adobe Flash Player 10.1 リリース候補版登場

まとめ記事

どうやら今度こそハードウェアアクセラレーションがちゃんと効くらしい、Flash Playerの最新バージョン 10.1のRC版が公開されています。

スポンサーリンク

お使いのグラフィックカードが動画再生支援機能を持っていて、YouTubeやニコニコ動画をよく見る方は、導入をおすすめします♪

この最新版では、これまで「フェイクかよ」と言われていたH.264動画再生時のハードウェアアクセラレーション機能がまともに機能するようになっているとのことで、よりスムーズな動画再生と、再生時のCPU負荷軽減を実現できます。

まだRC(リリース候補)版ですが、実際に導入してみたところ特に問題もなく、体感的に動画再生が軽くなったように感じられました。

導入方法

最新版のダウンロードは以下からどうぞ。

Adobe Flash Player ダウンロード
Download free Adobe Flash Player software for your Windows, Mac OS, and Unix-based devices to enjoy stunning audio/video playback, and exciting gameplay.

ダウンロード後は、セットアップファイルを実行してインストールします。

インストール画面(Windows用)

導入後は、以下の設定を確認します。

ハードウェアアクセラレーションの設定

この項目にチェックが付いていれば、動画再生時にハードウェアアクセラレーションが効いてくれるはずです。試しにYouTubeでHD画質(720p以上)の動画を再生してみてください。

nVIDIA製やATI(現AMD)製のミドルレンジ用グラフィックカードが安くなって手に入れやすくなっていますので、ハードウェアアクセラレーションに対応しないカードをお使いの方は、この機会にグレードアップしてしまうのもいいかもしれません。


PAGE TOP