アイキャッチ動画公開☆ちょっとだけリニューアル♪

お知らせ

細かいところを色々修正しなくちゃと思いつつ数ヶ月、やっと時間がとれたのでちょっとだけリニューアルしてみました。新しくアイキャッチ動画も公開!

スポンサーリンク

目立つところではヘッダ画像の更新、ヘッダ内へのアイキャッチ動画設置があります。

ほかにもはてなブックマーク等のソーシャルブックマークやTwitterへの対応、コメント機能の刷新、そして様々なデザインの修正も行っています。

これでやっと整った、という自己満足に包まれているみおです(´∀`)

アイキャッチ、新しくなりました

ヘッダ用アイキャッチ動画は、MHF公式で新シーズンのプレビューサイトによく使われているような、アイキャッチとして目を引く小さいムービーを表現してみたくてつくってみました。

ヘッダへの埋め込み動画は、Flashビデオ(F4V形式)を使用しました。iPhoneやiPadの関係で何かと話題のHTML5も検討したんですが、最大シェアを誇るIEの対応がややこしく、手間をかけるだけの必然性も感じられなかったため見送りました。

今回、Adobe CS5でアイキャッチ動画をつくるにあたり、いくつか発見というか再確認できたことがあるのでまとめておきます。

  • いつの頃からかYouTubeが動画の長さを誤認識するケースが増えたのに困惑
    → 試行錯誤の結果、ドロップフレーム(偶数)を設定することで「なぜか」回避
  • 縮小処理は、やっぱりアルゴリズムの差でAviUtlの方がいい感じ
    → 中間ファイル → AviUtlで縮小 → 再度中間ファイル → MediaEncoderでエンコード
  • F4Vファイルを直接objectタグとかで貼り付けるのは無理だった
    → Flashで、F4Vファイルをswfファイル内に埋め込むことで解決
  • objectタグにloop属性を設定しても、なぜか自動ループ再生が機能せず
    → swfファイルの方でActionScriptを書いて解決
  • やっぱりPremiereのタイトル機能はしょぼい

Premiereのタイトル機能はほんとにしょぼくて、フリーウェアであるAviUtlの拡張編集Pluginにも及びません。CS5ではAfterEffectsのような自動カーニングを期待したんだけどな(´・ω・`)

やっぱり知識だけじゃなくて、実際に作業してみて初めてわかることって多いです。お仕事の方にもこの経験をフィードバックできるので、やってみてよかった(´∀`)

以下が、そんな苦労の末にできあがったアイキャッチ動画の大きい版です。なおこの動画にはこっそりと最近撮った新しい動画も含まれていたりします♪


PAGE TOP